出張ホストって稼げる?どんな仕事?安心して働けるお店の選び方

出張ホスト

出張ホストというサービスが流行っている昨今、
出張ホストのお仕事を始めている方が多い一方で、
「出張ホストってどんな仕事?安全?」「副業で出来るのかな?」
「出張ホストって稼げるのかな?」などの不安が強い求職者の方も多いと思います。

このページでは「出張ホストがどんな仕事か」「出張ホストは稼げるのか」
「どうやって働くお店を選べばいいのか」などについて解説していきます。

出張ホストとは何をする仕事?

出張ホストとは、一般的なホストクラブとは異なります。

女性のお客様のご希望のところにお伺いして、性サービスを行うお仕事です。
お酒を飲む、という意味合いのホストクラブとは異なります。

お客様のご要望があれば、デートでレストラン、居酒屋、映画館などに伺う場合もあります。

一部、デートサービスのみで性サービスがない店舗もありますが、
多くは女性用デリヘル、女性用風俗と同じイメージです。

お仕事をする場所

性サービスを行う場所はご自宅かホテルがほとんどです。
お客様のご自宅か、もしくはラブホテル、シティホテルにお伺いします。

自宅やホテルに直接行くケースと、どこかでお待ち合わせしてからいくケースがありますが店舗や予約形態により異なります。

お仕事内容

仕事内容は女性のお客様に性サービスをすることがメインになります。

具体的には一緒にシャワーを浴びる、体を洗ってあげる、一緒にお風呂に入る、
ハグ、添い寝、キス、ディープキス、全身リップ、胸を舐めたり触ったりして攻める、
陰部を舐めたり触ったりして攻める、などがメインのお仕事内容になります。

お客様によっては、ホストさんを責めたいという要望があれば責められることもあるかもしれません。

出張ホストの給与体系

出張ホストの給与体系は時給ではなく出来高制なところがほとんどです。

何分コースのお客様を接客したらいくらという報酬システムが店舗によって決まっています。1時間あたりの報酬額はおよそ、数千円から1万円弱になるようです。

指名が入ったり人気ホストになるとこの金額が上がっていくお店もあります。

出張ホストは稼げる?

普通のアルバイトやマッサージに比べたら高単価で稼ぎやすいお仕事のひとつだと言えます。

ただサービス業の一つであることは間違いなく、お客様の満足度が高いキャストさんはより稼ぎやすくなっていく一方、
サービス業の意識が低く、接客をきちんとしない、学ばないキャストさんは稼ぎにくくなるかもしれません。

時給が保証されているわけではないため、接客するお客様に喜んでいただいて、
またリピートしてもらうことがより一層稼ぐためのコツかもしれません。

安心して稼げるお店選び

出張ホストの業界ってどうなの?初めてなのでどのお店を選んだらよいかわからないという方も多いと思います。
出張ホストの業界において、安心して稼げるお店の特徴について解説していきたいと思います。

法律を遵守している

まず前提で法律を遵守している正規のお店なのか、はチェックが必須です。

ホームページがしっかりしていても風営法を遵守して運営しているか、確認する必要があります。
性サービスを伴う接客をする場合、公安委員会に無店舗型性風俗特殊営業の届け出を提出する必要があります。
まずは無店舗型性風俗特殊営業の届け出を出しているか、をホームページでチェックしましょう。

本番行為がない

無店舗型性風俗特殊営業の届け出を出している出張ホスト、女性用風俗でも、
本番行為(性器の挿入行為)は禁止となっています。これはいかなる業種でも共通です。

面接や説明、ホームページなどで性器の挿入行為が可能と記載したり説明したり、
もしくは「状況によっては暗黙の了解」などと説明する店舗は明らかな法律違反のため、注意する必要があります。

求人ページだけではないホームページがある

求人ページだけのホームページは、ダミーの求人サイトの可能性があります。

「求人ページのみが存在しお客様用のページが存在しない」場合があります。
パッと見て、お店のホームページがあるように見えて、求人についてしか書かれていないホームページで、女性のお客様用の料金システムやキャスト一覧ページが存在しないケースです。

この場合、「応募者にお客様用のホームページを見られるとまずい、もしくは不都合があるパターン」が多く、応募のために面接に行くと、アダルトビデオの出演を迫られたり、ゲイ風俗店の接客を迫られたりします。

登録金などの高額料金がかからない

10万円前後の高額な登録金を請求される店舗も存在しますので、高額な登録金などの費用がかからないお店を選びましょう。
稼ぐための出張ホストで登録に高額な費用がかかるのはおかしいと言えます。

出張ホストの仕事をする上での注意

出張ホストで仕事をする際にどんなことに気を付けたらいいのか?

働くにあたってこれから出張ホストを始める方に、仕事をする上での注意をご説明します。

働く上で必要なもの

風営法を守って運営しているお店ですと、必ず身分証が必要です。
なので、必ず就業前には用意しておきましょう。

どのタイミングで必要かお店に確認しておくと良いと思います。

お客様とのトラブル回避

お客様とのトラブルは極力回避しないとなりません。
あくまで当たり前のお話ですが、サービス業なので敬語で丁寧な対応が必要です。

また接客中やホテルに行った際も、お客様にお声かけをして、お互いの貴重品の扱いに注意しましょう。(取った、取られたなどのトラブルを避けるため)

一般的なサービス業同様、頻繁にトラブルが起きるわけではないと思いますが、
丁寧に対応し、それでもトラブルが起きてしまったらお店にすぐ連絡するようにします。

それでもどうしようもなく解決しようもないトラブルが起きてしまったら警察に連絡して解決してもらうのも一つの方法です。

就業可能な年齢

風営法により18歳以上であれば年齢の上限なく出張ホスト、女性用風俗のお仕事が可能です。18歳未満は不可です。
また高校生に関しても、基本的にはNGなお店が多いです。

法律上の解釈では、18歳以上であれば可能ではあるのですが、高校在学中は基本NGと思っておくとよいでしょう。

出張ホストに向いている人

ここでは出張ホストの仕事にこんな人が向いている、という特徴やポイントを挙げていきます。
当てはまっている人は是非出張ホストに応募をご検討ください。

時間を自由に稼ぎたい人

出張ホストは固定のサラリーマン、正社員のように曜日や時間に縛られるわけではなく、
空いている時間で副業として、時間を合わせてお仕事をします。

時間に縛られず自由なスケジュールで仕事をしたい人には向いている職業だと言えます。

女性を癒したい人、女性に喜んで貰いたい人

奉仕の精神が強く、女性を責めるのが好き。女性を癒したい、という人も出張ホストに向いています。
出張ホストは基本、女性を性的な行為で責める仕事です。

女性の喜ぶ顔が好き、性行為でも責めるのが好きという方にはぴったりな仕事です。

高収入の仕事にチャレンジしたい人

出張ホストは一般のお仕事に比べ、高時給高単価のお仕事です。

普通のお仕事は、時給がどんなに高くても1000-2000円前後ですが、出張ホストでは5000円前後はもらえます。
単価の高い仕事で効率的に稼ぎたいひとには適していると言えます。

副業でお仕事をしたい人

副業の仕事を始めてみたい人も出張ホストに向いていると言えます。

空いている時間で仕事をすることを考えると、本業を持ちながら飲食店の掛け持ちをする、というのはなかなか非現実といえ、また、手に職やスキルがないと他の副業を始めるというのもなかなか難しいものです。

出張ホストは自分の人生経験や性経験を活かせるため、副業で仕事をするにも適しているでしょう。

性的な行為が好きな人

性行為、性的な行為が大好きな人も出張ホストのお仕事に向いています。

出会ってまもない女性に対し性サービスをする以上、性的な行為が好きなことは間違いなくアドバンテージと言えます。
ただしあくまで遊びではなく、お仕事ですので、自分の欲求を満たす目的ではないことを注意しましょう。

また応募の際に性的な行為が好きな事を、店舗担当に伝えるのは熱意が伝わって良い場合もありますが、あまり強く伝えると遊びや出会い目的だと思われる可能性もありますので、注意が必要です。

出張ホストに向いていない人

一方でこういう人は出張ホストに向いていないかも、という人の特徴も説明していきます。
以下の特徴に当てはまる人は出張ホストの応募を再検討してみても良いかもしれません。

自分の欲望を解消したいだけの人

出張ホストは性サービスを提供したり、女性のお客様に喜んでもらってお金を頂く、サービス業のお仕事です。

「自分の性欲を満たしたい」だけの人や、「自分が女性に会ってやってるんだ」などの意識の人は向いていないかもしれません。

最低限の身だしなみ、マナーが持てない人

はじめましての女性と出会ってサービスする特性上、最低限の身だしなみ、
および敬語などのマナーが持てない人も出張ホストは向いていいないかもしれません。

敬語を使わない、というのは、あえてそういうキャラクター設定で人気になるように目指すという方法はなくはないかもしれませんが、
そういう立ち居振る舞いをするのであれば、事前に必ず運営のお店に説明して理解を得ておいた方が良いでしょう。

接客業、サービス業が嫌いな人

出張ホストは女性のお客様に丁寧な対応が求められます。

上記の項目にもあるように、あくまでサービス業のため、接客やサービス業が嫌いな方は向いていないかもしれません。

はじめから週6などのフルタイムで働きたい人

出張ホストは自分の予定に合わせて仕事ができる特性上、自宅やお店の指定した待機場所で待機して、お仕事が入ったら対応、接客します。接客に応じて報酬を得る形です。

ですので人気の出張ホストになるまではフルタイムで週6-7などは難しい可能性もあります。
フルタイムで働きたい方は、そのあたり事前にお店に説明をして、調整確認してからお仕事開始をお勧めいたします。

出張ホストの応募の流れ

まず、出張ホストの求人を募集しているお店のホームページは、どの店舗も求人情報ページがありますので、求人情報の募集要項に目を通します。(求人をしていないお店もあります)

募集要項を確認して自分が当てはまっている事を確認し、報酬や業務の内容が問題なければ求人の申し込みをします。
メール、電話、ライン、SNSなどで応募をします。

応募の流れはお店によって様々ですが、画像や情報を送って1次審査があるお店と、
直接面接にて採用面接をするお店のいずれかだと思います。

応募の前に質問することも大体のお店が可能かと思いますが、問い合わせの段階から、
面接ははじまっている意識を持って丁寧な対応を心がければ採用率が上がると思われます。

お問い合わせ ラインで連絡